住宅ローン借り換えとアベノミクスとは?

住宅ローン借り換えのポイントとなる、金利の変化は、アベノミクスの影響でそう下がらないと当初は予想されていました。
しかし、短期プライムレートの金利が指標となって変動型の金利が決定されているのですが、低金利で推移しているのです。
住宅ローンの借り換えを検討するなら今という感じになってきています。
また、各銀行とも、顧客の獲得のため、繰り上げ返済をネットバンキングと連動した形で手数料ナシで出来るサービスや、保証料を顧客に求めないことで住宅ローン借り換えがしやすくしています。
その結果、ローン返済から10年ほど経過している人の間では、住宅ローンの借り換えを検討する人が増えていますし、実際に支払い総額が200万円以上変わってくるケースも多いのです。
こちら