レーシックとは?

視力に問題のある人の間で注目されている治療法があります。
それはレーシック手術です。
レーシック手術を受けることで、コンタクトレンズや眼鏡なしでも視力を回復することができます。
そもそも視力に問題のある人の目というのは、光の屈折が異常になっていることが原因として考えられています。
もし近視や遠視の人の目の屈折を正常に戻してやることができれば、視力を回復させることができるわけです。
めがねやコンタクトを資料に異常のある人がつけると、よく見えるようになります。
レーシックというのは、手術によって、角膜という目の一部の形を削って変えてしまいます。
角膜を削ることによって、屈折率を変えてしまうのです。
このためレーシック手術を受けた後では、めがねやコンタクトなしでもよくものが見えるようになるわけです。
品川眼科クリニック失敗